棒の手ってなに?歴史は? | 三好棒の手保存会

(ぼう)()とは

(ぼう)()とは(なに)

簡単(かんたん)()うと、チャンバラごっこです。チャンバラといっても自由(じゆう)にたたきあっこするわけではありません。ちゃんと順番(じゅんばん)()まっていて、()(ほう)()まっているのです。
「やあ」「ほー」などというかけ(こえ)があり、木刀(ぼくとう)(ぼう)()まった(かた)を行います。

どこでやっているの?

愛知県(あいちけん)東尾張地区(ひがしおわりちく)西三河地区(にしみかわちく)中心(ちゅうしん)に行われています。 各地区(かくちく)では、愛知県(あいちけん)無形文化財(むけいぶんかざい)指定(してい)されているところが(おお)くあります。

いつごろからやっているの?

(いま)から(やく)450(ねん)ほど(まえ)(いま)日進市(にっしんし)城主(じょうしゅ)丹羽勘介氏次(にわけかんすけうじつぐ)という殿様(とのさま)領地(りょうち)農民(のうみん)武芸(ぶげい)(おし)えたのが(はじ)まりだと()われています。
ですから、はじめは(いま)のような (かた)ではなかったのかもしれません。祭礼(さいれい)奉納(ほうのう)されるようになってから、(かたち)としての 武芸(ぶげい)になっていったのでしょう。

三好棒(みよしぼう)手保存会(てほぞんかい)活動(かつどう)をまとめた動画(どうが)です。
一戸打(ひとうち)ははじめに(なら)基本(きほん)(かた)です。
なぐり(がま)荒々(あらあら)しい(かた)で、練習(れんしゅう)(かさ)ねないと怪我(けが)をする危険(きけん)があります。その(ぶん)迫力(はくりょく)がある演技(えんぎ)です。

三好棒(みよしぼう)手保存会(てほぞんかい)ってなにやってるの?

三好棒(みよしぼう)手保存会(てほぞんかい)ってなにやっているのか()らない(かた)(おお)いと(おも)います。

どこで活動(かつどう)しているの?

愛知県(あいちけん)みよし()のきたよし地区(ちく)(みよし()莇生(あざぶ)高嶺(たかね)より(きた))を中心(ちゅうしん)活動(かつどう)しています。

 7(がつ)下旬(げじゅん) 8(がつ)   9(がつ)  10(がつ)
練習開始(れんしゅうかいし)
地区(ちく)夏祭(なつまつ)りでの出演(しゅつえん)発表(はっぴょう)
 三好大提灯祭(みよしおおじょうちんまつ)り(三好稲荷閣(みよしいなりかく)  郷土芸能伝承活動発表会(きょうどげいのうでんしょうかつどうはっぴょうかい)(サンアート) 祭礼(さいれい)
黒笹神社(くろざさじんじゃ)
莇生神社(あざぶじんじゃ)
福谷神社(うきがいじんじゃ)
高嶺神社(たかねじんじゃ)

近年(きんねん)はこのような活動(かつどう)をしています。

(がつ)下旬(げじゅん)から活動(かつどう)(はじ)まり、10(がつ)にある祭礼(さいれい)神社(じんじゃ)奉納(ほうのう)をしたらその(とし)活動(かつどう)終了(しゅうりょう)です。


2014(ねん祭礼(さいれい)黒笹神社(くろざさじんじゃ)

三好棒(みよしぼう)手保存会(てほぞんかい)活動写真(かつどうしゃしん)()せているページがあります。(くわ)しくはこちら

棒の手の歴史

1553年(天文22年 丹羽氏清が猿投神社に馬の塔を奉納する。
1554年(天文23年) 本田遊無が見当流を編み出す。
1573年(天正元年)~1592年(天正19年) 起倒治郎左衛門が起倒流を創始する。
1574年(天正2年) 丹羽氏次が猿投祭りに棒の手を奉納する。(鎌田流の発祥)
1597年(慶長2年) 大覚院兼政が無二流と名付ける。
1684年(貞享元年) 伝昌院伝寿が東軍流を開く。
1714年(正徳4年) 八木弥市郎が直心我流を開く。
1766年(明和3年) 伊東九郎左衛門が藤牧検藤流を成立する。
1873年(明治6年) 献馬、馬の塔、棒の手禁止の県令がでる。(明治11年まで)

愛知の馬の塔と棒の手沿革誌より